鳥のブローチ10種  図鑑編2 桜とナツメ

鳥のブローチ10種
鳥のブローチ10種

 

 

七曜工房の主は、植物、動物などの自然がめっぽう好きなので

忠実に鳥たちの姿を観察して、写実的にまるで図鑑のような

そしてナチュラルな鳥たちの木のブローチに仕上がりました。

 

大三島の海辺にある七曜工房で見られる鳥たちを

木目のきれいな材で、一つ一つ手彫りしました。

 

季節ごとの鳥たちのブローチを、ぜひお楽しみください。

 

仕上げは、木の木目や色を生かす ロウ仕上げです。

  

 

桜の木
桜の木

 

サクラ
バラ科サクラ属 落葉広葉樹

 

 


材としては硬く冷たい部類で、湿気には比較的強い。
無垢テーブル板や高級なフローリング材として
使用され、彫刻にも用いられる。
高級家具材として使われることが多い。
経年経過により、飴色に変化するのが美しい。

 

 

サクラ材鳥10種
サクラ材鳥10種
ナツメ
ナツメ

ナツメ(棗)

学名:Ziziphus jujuba)
クロウメモドキ科

落葉高木

 

 


和名は 夏に入って芽が出ること(夏芽)に由来。
茶器にも「棗」があるが、これは形が棗に似ているためです。
ナツメは, 彫刻や挽き物などに使われる高級材で、
 磨けば、強い光沢の出る強い材です。
ナツメ材は、辺材の白の出方が面白く
手彫りなので、辺材の出方が一つ一つ違います。
 材は 「和黒檀」とも呼ばれ、淡黄褐色から深紅褐色で、
硬く、重く緻密です。


手彫りなので、辺材の出方が一つ一つ違います。

 onlly one !です。

 

 

 

 

ナツメ材鳥10種
ナツメ材鳥10種

ウグイスのブローチ  各 2000円(税込)  

ウグイス 桜
ウグイス 桜
ウグイス ナツメ    在庫なし
ウグイス ナツメ  在庫なし

体長  約 58 ㎜   体高 約 17㎜

ウグイスのブローチとウグイス笛のペンダント
ウグイスのブローチとウグイス笛のペンダント
サクラ
サクラ
ナツメ
ナツメ

       ウグイスのブローチとウグイス笛のペンダントをお揃いで ♪

ウグイス笛とウグイス桜
ウグイス笛とウグイス桜
ウグイス笛とウグイスナツメ
ウグイス笛とウグイスナツメ

ウグイス(鶯、鴬)
スズメ目ウグイス科ウグイス属
別名  春告鳥
体長 オスが16 cm メスが14 cm
体色は、背中がオリーブ褐色
             全体的に地味で 雌雄同色


繁殖期は初夏で、横穴式の壺形の巣をつくり、
4–6個の卵を産み、メスが雛を育てる

ホトトギスの托卵対象となる.。


さえずりは「ホーホケキョ、ホーホケキキョ、ケキョケキョケキョ……」
地鳴きは「チャッチャッ」。
さえずるのは縄張り内を見張っているオスで、
「ホーホケキョ」が他の鳥に対する縄張り宣言で,
「ケキョケキョケキョ」が侵入した者や外敵への威嚇であるとされている。

ウィキペディアより

 

 

 

エナガのブローチ  各 2000円(税込)

エナガ桜
エナガ桜
エナガ ナツメ
エナガ ナツメ
サクラ
サクラ

体長  約 56㎜   体高 約 17㎜

エナガ
エナガ

 

エナガ(柄長)

学名:Aegithalos caudatus)

スズメ目エナガ科
くちばしと首が短く丸っこい体に

長い尾羽がついたかわいらしい小鳥。

 

 

 

おもに林に生息するが、

木の多い公園や街路樹の上などでもみることができる。
木の上で小さな昆虫類やクモを食べ、特にアブラムシを好む。

また、草の種子なども食べる。

 

                                    ウキペディアより

オナガのブローチ  各 2000円(税込)

オナガ 桜
オナガ 桜
オナガ ナツメ
オナガ ナツメ
ナツメ
ナツメ

体長  約 77㎜  体高 約 18 ㎜

オナガ
オナガ

 

 オナガ(尾長)

学名:Cyanopica cyana)

スズメ目カラス科

全長は 34-39cm

キジバトより一回り大きい程度。

 ただし尾羽が 20-23cm と長く、

頭と体の大きさはムクドリ大。

 

名前の由来は、尾羽

いつも高いところにおり、群れで行動する、

カラスの仲間とあって学習能力は高い。

警戒心が強く、また敵に対するモビング(疑攻撃)行動も活発で、

巣が襲われた場合などは集団で防衛にあたるが長いことによる。

ウィキペディアより 

 

 

カッコウのブローチ  各 2000円(税込)

カッコウ 桜
カッコウ 桜
カッコウ ナツメ
カッコウ ナツメ

体長  約 60㎜  体高 約 37㎜

サクラ
サクラ

            カッコー笛のペンダントとお揃いで

カッコウ笛のペンントとお揃いで
カッコウ笛のペンントとお揃いで
カッコウ笛のペン脱兎とナツメ
カッコウ笛のペン脱兎とナツメ

カッコウ(郭公)

 

鳥綱カッコウ目カッコウ科
全長35cm。
体は細身で頭から背、翼の上面などは灰色、
腹は白色で細かい横縞がある。

 

 

日本では夏鳥で、全国的に見られ、本州中部から北に多い。
草原、耕地、牧草地など明るくひらけた環境に住んでいる。
別名 閑古鳥
「閑古鳥が鳴く」
閑古鳥とはカッコウのことである。
日本人はカッコウの鳴き声に物寂しさを感じてたようで、
松尾芭蕉の句に「憂きわれをさびしがらせよ閑古鳥」がある、
「托卵」を行う種として有名で、オオヨシキリ、ホオジロ、モズ等の巣に托卵する
                                      ウキペディアより

 

 

 

かもめのブローチ   各2000円(税込)

カモメ桜  在庫なし
カモメ桜 在庫なし
カモメ ナツメ材
カモメ ナツメ材
サクラ
サクラ

体長  約 60㎜  体高 約 47 ㎜

 

カモメ (鴎)

 

チドリ目カモメ科カモメ属
全長45cm。
日本には 冬鳥として

全国の海岸、河口、港などの

海で見られます。

 

カモメは海と航海を象徴する鳥で、
おぼれ死んだ水夫の魂が姿をかえたものといわれます。

また 冬の河口などにたくさん群れていて、
何でも食べてしまう「海辺の掃除屋さん」です。
しかしこの習性が街をきれいにしているのも事実ですし、
漁師たちも この鳥が魚群の上に集まる習性を利用して、
魚群探知を行うなど、大切にしています。

                          ~サントリ―の愛鳥活動より~

 

七曜工房の前の海のカモメは ↓

 

・冬見かけるのが、セグロカモメ(渡り鳥

 チドリ目カモメ科カモメ属

・冬以外に見るのは、ウミネコ(留鳥) 

 チドリ目カモメ科カモメ属

 全国の海岸でほぼ一年中見られる唯一のカモメ

 

 

 

 

カワセミのブローチ  各 2000円(税込)

カワセミ 桜
カワセミ 桜
カワセミ ナツメ
カワセミ ナツメ
サクラ
サクラ

体長  約52㎜  体高24m

カワセミ
カワセミ

  カワセミ(川蝉、翡翠

 学名:Alcedo atthis)

ブッポウソウ目カワセミ科

体長は17㎝程。スズメほどの大きさ。

水辺に生息する小鳥で、

鮮やかな水色の体色と長いくちばしが特徴

 

 

くちばしが長く、頭が大きく、首、尾、足は短い。

古くはソニドリと呼ばれ、ヒスイと呼ばれることもある。

カワセミは本来は青くなく、光の加減で青く見える。

これを構造色といい、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理。

この美しい外見から「渓流の宝石」などと呼ばれる

 

ウィキペディアより

 

 

 

セキレイのブローチ 各 2000円(税込)

セキレイ桜
セキレイ桜
セキレイ ナツメ
セキレイ ナツメ

体長  約 70 ㎜  体高 約 19 ㎜

サクラ材
サクラ材
ナツメ時
ナツメ時

セキレイ

 

異名 ニワクナギ(鶺鴒)

イシタタキ(石叩き・石敲き)など

 

 スズメ目 Passeriformes
セキレイ科 Motacillidae  

 

 

日本で見られるのは、

セキレイ属のセグロセキレイ(固有種)、ハクセキレイ、キセキレイの3種

 

主に水辺に住み、長い尾を上下に振る習性がある 。

日本神話の国産みでは、

イザナギとイザナミが性交の仕方が分からなかったところに

セキレイが現れ、 セキレイが尾を上下に振る動作を見て、

性交の仕方を知ったとされる。

                            ウィキペディアより

 

ツバメの子のブローチ  各 2000円(税込)

ツバメの子  桜
ツバメの子  桜
ツバメの子 ナツメ
ツバメの子 ナツメ
サクラ
サクラ
ナツメ
ナツメ

長さ  約 50㎜  高さ  約 32 ㎜

 ツバメ(燕)

学名:Hirundo rustica)

スズメ目、ツバメ科
古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた
全長約17cm。

 

ツバメの巣は 泥と枯草を唾液で固めて巣を造る。
ほとんど人工物に造巣し、民家の軒先などで繁殖する傾向がある。
これは、天敵であるカラスなどが近寄りにくいからである。
日本では、穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として大切にされ、
ツバメを殺したり巣や雛に悪戯をする事禁じ、大切に扱われてきた。
「人が住む環境に営巣する」という習性から、

人の出入りの多い家、商売繁盛の印ともなっている。
また、ツバメの巣のある家は安全であるという言い伝えもあり、
巣立っていった後の巣を大切に残しておくことも多い。


ウィキペディアより

トンビのブローチ 各2200円(税込)

トンビ 桜
トンビ 桜
トンビのブローチナツメ   在庫なし
トンビのブローチナツメ 在庫なし

体長  約 52㎜  体高 約60  ㎜


           トンビ笛のペンダントとお揃いで

トンビ笛とトンビのブローチ桜
トンビ笛とトンビのブローチ桜
トンビ笛とトンビナツメ
トンビ笛とトンビナツメ

 

トビ(鳶)
タカ目タカ科トン属
別名 トンビ
 全長は60~65cmほど 

  カラスより一回り大きい。

 

 

動物の死骸やカエル、トカゲ、ヘビ、魚などの 小動物を捕食する。

 ほとんど羽ばたかずに尾羽で巧みに舵をとり、
 上昇気流に乗って輪を描きながら上空へ舞い上がる様や、
 「ピーヒョロロロロ…」という鳴き声はよく知られており、
 日本ではもっとも身近な猛禽類である
童謡の『トンビ』
三橋美智也の『夕焼けトンビ』
ことわざの「鳶に油揚げをさらわれる」
         「鳶が鷹を産む」
                   ウィキペディアより
 

 

 

メジロのブローチ   各 2000円(税込)

メジロ 桜
メジロ 桜
メジロ ナツメ
メジロ ナツメ
サクラ
サクラ
ナツメ
ナツメ

体長  約 52 ㎜  体高 約 16  ㎜

メジロ

スズメ属メジロ科
全長12cm前後

スズメよりも小さめ。

緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、

雌雄同色。


目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている。
メジロは良い声で囀るため、古くから和鳥として飼われてきたが、
江戸時代からメジロを鳴き合わせる(競争)道楽の対象となり、
現在も西日本を中心に、鳴き合わせの「愛鳥会」がある。


                                   ウィキペディアより

 

 

 

鳥のブローチ製作風景

鳥のブローチ切り抜き中
鳥のブローチ切り抜き中
鳥のブローチ切り抜き完了
鳥のブローチ切り抜き完了

カッコウ手彫り中
カッコウ手彫り中

ペーパー掛け作業
ペーパー掛け作業
ロウ塗り後
ロウ塗り後

エナガのブローチ手彫り中
エナガのブローチ手彫り中
ウグイスのブローチ手彫り中
ウグイスのブローチ手彫り中
メジロのブローチ手彫り中
メジロのブローチ手彫り中
セキレイのブローチ手彫り中
セキレイのブローチ手彫り中

トンビのブローチ手彫り中
トンビのブローチ手彫り中