鳥のブローチ 図鑑編1  ナツメとケヤキ

大三島の海辺にある七曜工房で見られる鳥たちを

木目のきれいな材で、一つ一つ手彫りしました。

★ケヤキ材、

 年月が経つにつれ、年輪が浮き立つ

 漆塗り

★ナツメ材は、

 光沢のある材質や辺材白の出方がおもしろい。

 ロウ仕上げ

  

七曜工房の主は、植物、動物などの自然がめっぽう好きなので

忠実に鳥たちの姿を観察して、写実的にまるで図鑑のような

そしてナチュラルな鳥たちの木のブローチに仕上がりました。

季節ごとの鳥たちのブローチを、ぜひお楽しみください。

 

鳥9種類 ナツメ材とケヤキ材

鳥5種 ケヤキ材漆塗り

ツバメのブローチ 2種

ツバメケヤキ
ツバメケヤキ

竹取り物語」や「幸せの王子」に登場するツバメ
ツバメが巣作りする家は、繁盛する。
ツバメが低く飛ぶと雨が降る
そして、若いツバメ
  馴染みの深い、ツバメのブローチです。

ツバメが飛び交う頃、季節のブローチです。

キラリと光る眼がポイントです。

 

左    材  ケヤキ   塗り 漆塗り       2000円   在庫なし

右    材  ナツメ    塗り   ロウ仕上げ    2000円   在庫なし

      体長   約6センチ

 

ウィキペディアより
ツバメ(燕、学名:Hirundo rustica)は、スズメ目、ツバメ科に属する鳥類である。
古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた
全長約17cm。背は光沢のある藍黒色で、喉と額が赤い。
腹は白く、胸に黒い横帯がある。
尾は長く切れ込みの深い二股形で、この尾の形をツバメにちなんで燕尾形という。
飛翔する昆虫などを空中で捕食する。なお、水面上を飛行しながら水を飲む。

ツバメのブローチを付けて
ツバメのブローチを付けて

鷹のブローチ 2種

ケヤキ 漆塗り
ケヤキ 漆塗り
ナツメ材 ロウ仕上げ
ナツメ材 ロウ仕上げ
ケヤキ 漆塗り
ケヤキ 漆塗り
ナツメ ロウ仕上げ
ナツメ ロウ仕上げ

鷹 ケヤキ
鷹 ケヤキ
鷹 ナツメ
鷹 ナツメ

左  材 ケヤキ     塗り 漆塗り        2100円

右  材 ナツメ      塗り  ロウ仕上げ    2200円   在庫なし

体長 4.5㎝×2.5㎝

 

 

鷹 ケヤキ 漆塗り
鷹 ケヤキ 漆塗り
鷹 ナツメ ロウ仕上げ
鷹 ナツメ ロウ仕上げ
サンバホイッスルと
サンバホイッスルと
カエデのオカリナと鷹のブローチ
カエデのオカリナと鷹のブローチ

 

・タカは優れた狩猟の能力をもつため、
 古くから多くの国で厳しい訓練を施したうえで鷹狩に使われてきました。
・モンゴルや中央アジアの遊牧民の間では「鷹」という言葉が力ある者の象徴として人名に用いられてき  
  ました。
・鷹の羽は日本の弓矢に使う矢の矢羽根(やばね)に使われています。
・鷹の羽などが、家紋として使用されている。


初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに
「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」というものがあります。
この言葉は江戸時代の諺で、初夢に見ると縁起のよいものの順です。
「富士」は   日本一の山、
「鷹」は    威厳のある百鳥の王、
「茄子」は   “生す”“成す”で物事の生成発展するさま
 を言い表わしています。

 

 

 

 

「コンドルは飛んでいく」アンデス民謡を

七曜工房作のオリジナル横笛A菅2重奏でお聴きください。

ヤマセミのブローチ 2種

ヤマセミ2す
ヤマセミ2す
ケヤキ 漆塗り
ケヤキ 漆塗り
ナツメ ロウ仕上げ
ナツメ ロウ仕上げ
ケヤキ漆塗り
ケヤキ漆塗り
ナツメ ロウ仕上げ
ナツメ ロウ仕上げ

ヤマセミ きゃき
ヤマセミ きゃき
ヤマセミ ナツメ
ヤマセミ ナツメ

左   材  ケヤキ   塗り 漆    2100円

右   材  ナツメ    塗り ロウ仕上げ  2200円

体長  7,5cm×3.5cm

 

ウキペディアより
ヤマセミ(山翡翠、学名:Megaceryle lugubris)は、
ブッポウソウ目・カワセミ科に分類される鳥類の一種である。
山地の渓流に生息するカワセミの仲間である。

ヤマセミ ケヤキと付けて
ヤマセミ ケヤキと付けて
サンバホイッスルとヤマセミブローチ
サンバホイッスルとヤマセミブローチ
ヤマセミ ケヤキとドレミかん笛
ヤマセミ ケヤキとドレミかん笛
ヤマセミアメリカンチェリー
ヤマセミアメリカンチェリー

シジュウカラのブローチ 2種

シジュウカラ ケヤキ
シジュウカラ ケヤキ
シジュウカラ ナツメ
シジュウカラ ナツメ

左 材 ケヤキ  塗り 漆          1900円   在庫なし

右 材 ナツメ   塗り  ロウ仕上げ    2000円   在庫なし

体長  6センチ

 

ウキペディアより

シジュウカラ(四十雀、学名 Parus minor)
鳥類スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属の1種
全長13–16.5cm。

森林や湿原などに生息する。
食性は雑食で、果実、種子、昆虫などを食べる。
地表でも樹上でも採食を行う

シジュウカラ ナツメを付けて
シジュウカラ ナツメを付けて

フクロウのブローチ 2種

フクロウ2種
フクロウ2種
ケヤキ 漆塗り
ケヤキ 漆塗り
ナツメ ロウ仕上げ
ナツメ ロウ仕上げ
ケヤキ 漆塗り
ケヤキ 漆塗り

フクロウナツメ
フクロウナツメ

左  材 ケヤキ  塗り  漆     2000円

右  材 ナツメ   塗り ロウ仕上げ 2000円

 

ふくろうは「知恵」のシンボルともいいます。
・福来朗    …朗らかに福を呼ぶ。
・福籠      …福が籠(こ)もる。
・不苦労    …苦労知らず。
・福老     …老いて福。不老長寿。
・梟…首が良く回るので商売繁盛。夜目が利くので先が見渡せる。

お正月のプレゼントに 

おめでたい時のアクセサリーにいかがですか

ウキィペディアより
フクロウ(梟、Strix uralensis)は、
動物界脊索動物門鳥綱

フクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される鳥類。
平地から山地にかけての森林に生息する。
夜行性で、昼間は樹洞や木の茂み内などで休む。
食性は動物食で、主に小型哺乳類を食べるが、

小型の鳥類、昆虫なども食べる。
繁殖形態は卵生。
主に大木の樹洞に巣を作るが、神社の軒下や巣箱、他の鳥類の古巣などを利用することもある

フクロウナツメを付けて
フクロウナツメを付けて

カワセミのブローチ 2種

カワセミ2種
カワセミ2種
カワセミ漆
カワセミ漆
カワセミ ナツメ
カワセミ ナツメ

ケヤキ 漆
ケヤキ 漆
ケヤキ 漆
ケヤキ 漆
カワセミ漆をつけて
カワセミ漆をつけて

左 材 ケヤキ  塗り 漆         2000円

右 材 ナツメ   塗り   ロウ仕上げ  2000円  在庫なし

体長 4㎝  厚み 5㎜

 

ウキペディアより

カワセミ(川蝉、翡翠、学名:Alcedo atthis)ブッポウソウ目カワセミ科
水辺に生息する小鳥で、

鮮やかな水色の体色と長いくちばしが特徴である。
古くはソニドリと呼ばれ、ヒスイと呼ばれることもある。
体長は17㎝程。スズメほどの大きさ。
くちばしが長く、頭が大きく、首、尾、足は短い。
カワセミは本来は青くなく、光の加減で青く見える。

これを構造色といい、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理。
この美しい外見から「渓流の宝石」などと呼ばれる

セキレイ 2種

セキレイ2種 ナツメ ケヤキ
セキレイ2種 ナツメ ケヤキ
ケヤキ 漆
ケヤキ 漆

左  材 ケヤキ   塗り 漆         2000円  在庫なし

右  材 ナツメ   塗り  ロウ仕上げ    2000円  在庫なし

体長 17,5cm 

 

大三島の海辺の我が家では、畑を耕していると、
掘り起こした土の中から出てきた虫をつつきに
すぐそばまでやって来る。
黒と白の混ざった綺麗な鳥で、
ハクセキレイとセグロセキレイと2種類いる。

 0

ウィキペディアより
日本で見られるのは、

セキレイ属のセグロセキレイ(固有種)、ハクセキレイ、キセキレイの3種
主に水辺に住み、長い尾を上下に振る習性がある
日本神話の国産みでは、
イザナギとイザナミが性交の仕方が分からなかったところに
セキレイが現れ、
セキレイが尾を上下に振る動作を見て、性交の仕方を知ったとされる。


ケヤキウルシ
ケヤキウルシ
ケヤキ 漆
ケヤキ 漆

メジロのブローチ 2種

メジロケヤキ
メジロケヤキ
メジロナツメ
メジロナツメ

左  材 ケヤキ   塗り 漆       2000  在庫なし

右  材 ナツメ    塗り  ロウ仕上げ  2000円   在庫なし

体長4.5センチ 厚み4ミリ

 

ウキペディアより

スズメ属メジロ科
全長12cm前後で、スズメよりも小さめ。

緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。
目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている。
メジロは良い声で囀るため、古くから和鳥として飼われてきたが、
江戸時代からメジロを鳴き合わせる(競争)道楽の対象となり、
現在も西日本を中心に、鳴き合わせの「愛鳥会」がある。

 

メジロをつけて
メジロをつけて

エナガのブローチ 2種

エナガのブローチ2種
エナガのブローチ2種
エナガ ケヤキ
エナガ ケヤキ

ケヤキ
ケヤキ

左  材 ケヤキ  塗り 漆         2000円

右  材 ナツメ   塗り  ロウ仕上げ   2000円 在庫なし

体長 6cm 厚さ 5mm

 

ウキペディアより

エナガ(柄長、学名:Aegithalos caudatus)は、

スズメ目エナガ科に分類される。
くちばしと首が短く丸っこい体に

長い尾羽がついたかわいらしい小鳥。
おもに林に生息するが、

木の多い公園や街路樹の上などでもみることができる。
木の上で小さな昆虫類やクモを食べ、特にアブラムシを好む。

また、草の種子なども食べる。

 

ケヤキ 漆
ケヤキ 漆
エナガ ナツメを付けて
エナガ ナツメを付けて

オナガのブローチ

ケヤキ 漆
ケヤキ 漆
ケヤキ 漆
ケヤキ 漆
オナガのブローチ
オナガのブローチ

材 ケヤキ 

塗り 漆

体長 7,5cm 

2000円

ウキペディアより

オナガ(尾長、学名:Cyanopica cyana)

スズメ目カラス科に分類される。
全長は 34-39cm で、キジバトより一回り大きい程度。
ただし尾羽が 20-23cm と長く、頭と体の大きさはムクドリ大。
名前の由来は、尾羽いつも高いところにおり、群れで行動し、
カラスの仲間とあって学習能力は高い。
警戒心が強く、また敵に対するモビング(疑攻撃)行動も活発で、
巣が襲われた場合などは集団で防衛にあたるが長いことによる。

オナガのブローチをつけて
オナガのブローチをつけて
オナガとイヤリング
オナガとイヤリング

オナガとヒヨドリ笛
オナガとヒヨドリ笛

トンビのブローチ

トンビのブローチ
トンビのブローチ

材 ケヤキ   塗り 漆
11センチ×5,5cm 

2800円  在庫なし

 

ウキペディアより

トビ(鳶:学名Milvus migrans)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種。
トンビとも言う
ほとんど羽ばたかずに尾羽で巧みに舵をとり、
上昇気流に乗って輪を描きながら上空へ舞い上がる様や、
「ピーヒョロロロロ…」という鳴き声はよく知られており、
日本ではもっとも身近な猛禽類である
タカ科の中では比較的大型であり、

全長は60~65cmほどで、カラスより一回り大きい。
餌は主に動物の死骸やカエル、トカゲ、ヘビ、魚などの

小動物を捕食する。


トンビを付けて
トンビを付けて
イヤリングとお揃い
イヤリングとお揃い

ひよこ笛と野鳥観察グッズ
ひよこ笛と野鳥観察グッズ

ツバメの子

ツバメの子
ツバメの子

材 ケヤキ  塗り 漆  
5,5cm×3センチ  

2000円

 

ウキペディより

泥と枯草を唾液で固めて巣を造る。
ほとんど人工物に造巣し、

民家の軒先など人が住む場所で繁殖する傾向がある。
これは、天敵であるカラスなどが近寄りにくいからである。
日本では、穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として大切にされ、
ツバメを殺したり巣や雛に悪戯をする事を慣習的に禁じ、
農村部を中心に大切に扱われてきた。
「人が住む環境に営巣する」という習性から、
地方によっては、人の出入りの多い家、商売繁盛の印ともなっている。
また、ツバメの巣のある家は安全であるという言い伝えもあり、
巣立っていった後の巣を大切に残しておくことも多い。

ツバメの子をつけて
ツバメの子をつけて
イヤリングとお揃いで
イヤリングとお揃いで

ホトトギスのブローチ

材 ケヤキ 塗り 漆 
体長 7,5cm  

2000円  在庫なし

 

ホトトギス(杜鵑、学名 Cuculus poliocephalus)

カッコウ目・カッコウ科
特徴的な鳴き声とウグイスなどに托卵する習性で知られている。
杜鵑、時鳥、子規、不如帰、杜宇、蜀魂、田鵑など

漢字表記や異名が多い。
ヒヨドリよりわずかに大きく、ハトより小さい。
目のまわりには黄色のアイリングがある。
日本での渡来時期は、5月中旬。


オスの鳴き声はけたたましいような声で、
「キョッキョッ キョキョキョキョ!」と聞こえ、
「ホ・ト・…・ト・ギ・ス」とも聞こえる。
早朝からよく鳴き、夜に鳴くこともある。
この鳴き声の聞きなしとして

「特許許可局」や「テッペンカケタカ」が知られる。
・「なかぬなら殺してしまへ時鳥 」(織田信長)
・「鳴かずともなかして見せふ杜鵑」(豊臣秀吉)
・「なかぬなら鳴まで待よ郭公 」(徳川家康)

ホトトギスをつけて
ホトトギスをつけて

カモのブローチ

カモのブローチ
カモのブローチ

材 ケヤキ  塗り 漆 
6cm×4センチ  

2000円

在庫なし

 

ウキペディアより

カモ(鴨、英名: Duck)とは、

カモ目カモ科の鳥類のうち、
カリ(雁)に比べて体が小さく、

日本では主にカルガモ、オシドリなどが通年生息し、
日本全国の河川や湖などで見られる。
日本では多くが冬鳥であるため、
冬季にはマガモ、コガモ、オナガガモ、スズガモなど多種が見られる。
合鴨や家鴨が愛玩、食用、採卵、羽毛採集、
アイガモ農法などの用途で家禽化されている。
羽毛は軽量で保温性が高くジャケットや掛け布団に利用される

カモをつけて
カモをつけて

木の鳥のブローチの製作風景です

鳥のブローチ糸鋸で切り抜き中
鳥のブローチ糸鋸で切り抜き中

手彫り作業
手彫り作業
手彫り作業
手彫り作業